6−2.レーティング

 レーティングとは、チェスの強さを点数にしたものです。
 勝てば上がり、負ければ下がります。

 自分のレーティングが上がることで、「強くなった」と実感できます。


 国際レーティングがレーティングの主役ですが、ちょっと遠いお話ですね。

 身近なところでも、レーティングを導入しているところがあります。
 ネット上で対戦できる場所などです。(画像は Yahoo!ゲーム)

レーティング


 レーティングの高い相手に勝てば、あなたのレーティングは大きく上がります。
 逆に、レーティングの低い相手に勝っても、少ししか上がりません。

 レーティングの差が200あれば、75%の確率で勝つことができるといわれています。
 4回戦えば、3勝1敗です。

レーティングの変動


 チェスを覚えたばかりのあなたのレーティングは、500前後だとおもいます。
 もちろん個人差はあります。


 以下が、あなたが目指すべきタイトル保持者の、おおよそのレーティングです。
 とんでもない数値ですね・・・。

 世界チャンピオン : 2800
 グランドマスター(GM) : 2600
 日本チャンピオン : 2300


 ちなみに、将棋の七冠タイトルを独占したことで有名な羽生善治さんはチェスもしています。
 彼の国際レーティングは2382で、日本国内でトップです(2006年4月現在)。

チェスをする羽生善治


次へ進む