8−3.ルアーリング

 自分の駒を犠牲にして相手の駒を誘い出し、犠牲にした駒よりも高い価値の駒を手に入れるテクニックをルアーリングといいます。

 釣りのように、小さなエサで大きな獲物を手に入れるのです。


 下の図は、白の駒がバラバラな位置にいて、有効な手はないように見えます。
 ナイトはフォークを決められる位置にはいませんし、ポーンはフォークしても取られてしまうだけです。

 しかし、白にはここからすばらしいコンビネーションがあります。

コンビネーション


 白は、ポーンを進めて黒のキングとクイーンをフォークします。
 ポーンをルアーリングのエサとして投げ入れました。

ポーンのフォーク


 黒は、白のポーンを取るしかありません。
 獲物がエサに食いつきましたよ。

フォークの回避


 こうやって進んでみると、見覚えのある形になりましたね。
 あとは釣り上げるだけです。

 この先はあなたの手で進めてもらいましょう。フォークを決めて下さい。


 では、練習問題です。ルアーリングを決めてください。

 問題1 − 3手まで


 問題2 − 3手まで


 問題3 − 3手まで


 問題4 − 2手まで


 問題5 − 3手まで


 問題6 − 3手まで


 問題7 − 3手まで


 問題8 − 4手まで


 問題9 − 4手まで


 問題10 − 4手まで


次へ進む