スコア


ラトビアンの崩し方
わたくし R1800+-
4年ほど前の棋譜です。
相手方はR1800ほどですが、ラトビアンを採用されているので
本ゲームでの実力はご愛嬌、といったところでしょうか。

ラトビアンは、fポーンを上げ、Qを動かし、
黒から攻めていくという一風変わった戦法です。奇襲戦法となりますので、
知らない相手にはこうかはばつぐんでしょう。
うまくいけば黒番で圧勝できるかもしれません。

さて、本譜はラトビアンの対抗策となります。
いろいろと突っ込みどころのある棋譜ですが、見どころは
中盤のタクティクスになります。
終盤のグダグダ感は見なかったことにしてください。

では、本譜解説です。

6. ...Qg6 とeポーンをQで守るのが特徴的な手。同時にg2地点ににらみを効かします。白の白マスBの展開を遅らせる効果が。

10. Qe3 Q交換はつまらないのでかわしてみました。

11. ...Be6 これが黒の敗着でしょうか。

14. ...Qh3 Bを取られないためにはここしかない。

15. ...d5 あわよくばピース交換になるかもとの必死の反撃。

16. ...Kd7 e6のBにK自らが動いて守りゴマを足す。同時に後列のRをつなぐ。

17. ...Nh5 Bを攻撃。これで局面が中和されるかに思えたが…。

18. Nxd5!
ヨミを入れて取り合いしよう、という意思表示の一手。 ...Nxf4なら白も19.Nxf4となりQとBのフォーク。Bがタダ取りされてしまう。
 もし ...Bxd5なら 19.Qxe7+となり以降の攻撃が続く。
 (もし...Bd6と受けたなら、 19.Bxd6となりKでとればQe5+で攻撃続き、Pで取ればBb5+と続く。←これらの手順は今気付いた…)

20. Re5 NとBをフォークしつつ、次のBf5+で KとQのフォークを狙っている。

20. ...g6 それを防いだ手。

21. Rxd5 しっかりと読んでこの手を選びました。

21. ...Nxf4 単純な駒交換に見えますが・・・

22. Bf5+! 狙いの一手。gxf5とポーンで取れない。なぜなら・・・
もし ...gxf5 23. Qd7+ Kb8 24. Qd8+ Rxd8 25. Rxd8#とバックランクメイトを食らってしまうからだ。

以降は綺麗に攻め切れずグダグダでしたが、なかなかに
面白い棋譜が残せたのではと思います。

余談ですが、これ以降しばらくの間、黒番で
ラトビアンをこっそり試すようになったわたくしでした。

ちょっとだけ勝てるようになりました。
1. e4 e5 2. Nf3 f5 ... 閲覧数: 206 16年11月17日