スコア


同時対局でIMに初勝利!!
ホスト(IM) 自分
約30面指しとかなりのハンデ戦ではあるが、IM相手に終盤までほぼ互角に戦い、最後は相手のポカで勝ちを拾う。

OPは1.d4だったので自分の大エース戦法QGDへ、4.cxd5は有力だがあんまり見ない気がする。
自分が白番なら反射的に4.Nf3だが、KNの展開を保留して9...Be6に10.Nge2の構想には感心した。
(...Nbd7にNf4とBに当てられると逃げ場がないが、それを避ける適当な手段が見当たらなかった)
11...a6はここでは良い手なのか分からないが、ブリッツでQGD黒番の相手によくやられるので真似してみた。
(将来的に...c5を突いたときにb5地点を守り、...b5を突く土台にもなる)

16.dxc5?!で開戦だが前述の16.Nf4の方が勝ったようだ。
その後18.Bf2?!でNf6へのプレッシャーが消え18...Ne5が可能になり、黒に主導権が渡ったかに見えた。
…が、なかなか有効な攻めが見えず(...Nc4が良かったようだ)21...g6!?と謎の勝負手を放つ。
これに22.Nb3と引いてきたので22...Bf5から連続交換でエンドゲームへ。

32.Bd4と強力なBが来やがったので勢いで32...Rxd4と取って勝負に出たが、本譜の順の後に35.Qc1!を見逃していた…
35.Qa2?!までで評価値は0だが、IM相手に非対称なエンドゲーム(R vs N+P+P)をドローにする自信は皆無。
…しかし決着は意外とあっけなく、38...Nc4に39.Re4??のブランダー。(スキュア崩れはさすがに読めていた)
41...Nf1+でQを取れているが、いずれにせよ(最後の抵抗に恐怖を覚えつつも)勝ったので見なかったことに。

投了図ではe6も落ちてるしチェックもかからないしプロモーションも受からず白はどうしようもない。
本当は47...a1=Qの方が早いし他にもミドル〜エンドで双方細かいミスが出てるけど疲れたし長くなったので省略。
1. d4 Nf6 2. c4 e6 ... 閲覧数: 143 16年11月27日