スコア


借金地獄(白)vsわらしべ長者(黒)
Watype(level 4) Chesspartner5.4(1手20秒平均)
コンピュータ同士の棋譜を何度かアップした者です。わかりやすく勉強になるので実力差のあるソフト同士を戦わせるのが好きです。私と同じ初級から中級程度の方の参考になればと思います。今回は格上の黒が白の小さな傷口を徐々に大穴にしていくところが勉強になりました。感心したのは13手目以降(9〜11手目のP得する手順もお見事)です。
@まず黒はh4に逃げた白のNに目をつけ、13...e6,14...Be7で攻めます。白は15.g3とPで守るしかありません。
A次に黒はこの白Nと黒Bを交換すれば白のP形が乱れると考え(たにちがいありません)すかさず15...Bxh4と交換します。
Bそして形が乱れ守りにくくなったh4の白Pを19...Rh5で取りに行きます。白は20.Bg3で守りますが、今度は全くバックできない位置のこのBが弱点になりました。
C黒はすかさず、20...f5、22...e5でこのBを追い詰めにかかります。たまらず白は23.h3でBの逃げ道を作り24.Bh2と逃げますが、h4が無防備になりました。
D黒が24...Rxh4とPを取ると、今度はh3の白Pが無防備になり、白は仕方なく25.Kg2?で守りますが、ついに白Kが危なくなりました。
Eこの危うくなった白Kを黒は25〜31手目でしとめました。
ささいな借金(白のNが少しおかしなところに跳んだ)をきっかけに、白は借金に借金を重ねついに崩壊しました。怖いです。一方、黒は、つかんだわずかな幸運を大勝利にまで育てました。あっぱれです。


1. e4 c5 2. d4 cxd4 ... 閲覧数: 117 18年03月10日